本文へスキップ


大野行政書士事務所

  

TEL/FAX 03-3643-3360

E-MAIL  info.iohno@gmail.com

相続・遺言の面倒な手続きや、在留/VISA取得・変更でお困りのあなたをサポートいたします。

 まずはご相談下さい。「一期一会」をモットーに、個人、法人問わず、お待ちしています。

TOPICS

  • 相続登記が義務化されます。準備は大丈夫ですか?
  • おじいさん、おばあさん、あるいはそれ以前の方の名義のままになっていませんか?
  • 「どうせ罰則はないから、これまでのように放って置けばいいさ」と簡単に考えていませんか?
  • 2023年から個人、法人の所有の別なく、相続した時から3年以内に相続登記の申請が必要になります。これまで放置されてきた未登記の土地が全国的規模で大問題になり、様々な問題を引き起こしているため、民法が改正され、まもなく施行されます。
  • 所有者不明の土地の発生を予防するため、罰則付きを伴う義務化です。 
  • 申請書類等の収集、段取りなど、どのように進めたらいいのか、ご相談下さい。登記手続きは司法書士におつなぎします。 
  •                           ⇒ 相続登記の義務化の詳細はコチラ
  • 40年ぶりの民法大改正では、相続法から債権法まで幅広く取り上げられています。私たちの暮らしに及ぼす影響も少なくありません。特に、相続法では、202041日の施円満な相続行で、配偶者の居住権が新たに法定されました。「残された配偶者に対する手厚い保護」を図るためです。 こちらも覚えておきましょう。
  • 自筆証書遺言の方式緩和と共に、現実に即した改正となります。今回の法改正を受けて、相続の現場で具体的にどのように反映されていくのか、いざという時の備えになります。
  • 我が国では、少子高齢化が進み、様々な分野で外国人労働者の受け入れニーズが高まっています。また2019年4月からは、これまでの外国人技能実習の枠とは別に「特定技能」という新しい在留資格制度が始まりました。外国人労働者をどのように受け入れればいいのか、アルバイト留学生をそのまま雇用したいけれど、どうすればいいのかー。申請手続きのお手伝いをいたします。活力ある社会へ

FLOW新着情報

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4 STEP5
メール 電話 打ち合わせ お見積もり・契約 調査・書類作成 完了・お支払い


基本料金


雑記帳





大野行政書士事務所

    〒135-0021
   東京都江東区白河
         3-12-8-1101

   TEL/FAX  03-3643-3360
  E-MAIL info.iohno@gmail.com